【 ICT利活用授業研究推進校 】 
≫特色と教育目標


平成28年度「ICT利活用授業研究推進校」指定にともなうこれまでの取組み

 平成28年度、本校は神奈川県教育委員会より ICT利活用授業研究推進校 」 に指定されました。
ICTとは Information and Communication Technology 」 の略です。今年度は6月より、機材・機器などICT利活用のための環境整備から始まりました。7月には、1棟3階にICT教室が誕生しました。
全国に数校しか設置されていないという先進的な教室です。生徒一人ひとりが「主体的・対話的で深い学び」を実践するアクティブ・ラーニングに適したテーブル付きのカラフルな椅子、プロジェクター2基に大型の電子黒板が1セット、タブレットパソコンが全部で88台といった具合です。これまでに各種機器の設定や教員向けに、使用方法の研修会を数回実施しました。来年度は、さらに多くの授業で最新の機器を利活用した授業を展開する予定です。8月には、校内全域にアクセスポイントを設置し、教室や体育館など全施設でタブレットパソコンが活用できるようになりました。
 また、1学年ではクラッシー株式会社提供のクラウドサービスを利用しています。これは、生徒のスマートホン等の端末に学校側から問題や動画が配信されるサービスです。これにより、学校側が各生徒の取組み状況を迅速かつ的確に把握できることになりました。今後はこうした様々な機器を上手に利活用しながら、
未来のリーダー育成を視野に入れた、「 確かな学力の向上 」 につなげたいと思います。

※今年度の取組み状況
  6月 1年クラッシー導入(ID登録)
  7月 多目@教室(ICT教室)改装・整備
     クラッシー取扱説明(生徒向け)
  8月 校内アクセスポイント工事
  9月 クラッシー取扱説明(職員向け)
  11月 問題配信(試行)
     ICT教室利活用説明研修(職員向け)
  12月 Google Chrome Book取扱研修(職員向け)


教室風景@

教室風景A

授業風景@

授業風景A
 ≫学校目標・評価
 ≫教育課程(PDF)