【学力向上進学重点校】
 ≫取組み

「学力向上進学重点校」としての取組み

 本校は、平成22年度「学力向上重点校」の指定を受け、「文武両道」の伝統を大切にしながら一人ひとりの生徒の学力向上に向けて、全校をあげて取り組んでいる。

 日々の授業の充実を考え、基礎・基本の定着に加え、より一層の発展的な学力の育成を目指して1コマ65分の授業を行う。第1学年、第2学年では英語・数学・国語の授業を充実させ、33単位を修得させることとしている。1学年の芸術選択・第2学年の理科選択以外は、1,2学年とも共通履修である。第3学年では生徒の進路希望に対応させ「国公立文系型」・「私立文系型」・「薬・医療・農水型」・「国公立・難関私立理系型」・「私立理系型」の5コースを設定している。
 5コースとも、理科選択や地歴公民選択など多彩な選択科目が設けられているので、それぞれの希望進路に合わせて学習することができる。また、早朝・放課後の講習、土曜講習、夏季・冬季・春季講習、校内模試の実施など、学習に対するサポート体制も万全である。


秦野高校の教育活動(PDF)

 ≫特色と教育目標
 ≫学校目標・評価
 ≫教育課程(PDF)
 ≫学校教育計画(H24〜H26 PDF)
 
≫学力向上進学重点3年間計画書(PDF)

≫学力向上進学重点単年度計画書(PDF)